DHAマスターズ!お魚パワーで健康イキイキ隊

青魚DHAの成分の成分について

DHA魚

 

青魚に多く含まれるDHAはサバ、イワシ、マグロなどに多く含まれます。

 

しかし魚離れが進んでいき多くの日本人が肉食中心になって青魚を食べなくなりました。

 

DHAの中に含まれる栄養素は成人病などを抑制する効果があり、健康維持にはかかせない栄養素なのです。

 

またDHAが不足することにより認知症の進行を早めるといわれています。肉食中心の食生活により悪玉コレステロールが増えて動脈硬化がおこってしまい血管がつまりやすくなって心筋梗塞などの重大な病気になる可能性が高くなってしまうのです。

 

青魚はこの悪玉コレステロールを下げる効果があるのです。中高年になってくると病気へのリスクが高まってきます。

 

生活習慣病の予防方法としても青魚をもっと食べる習慣をつけていただきたいと思います。昔の食卓には毎日魚料理がありました。

 

最近調理が面倒という理由で魚料理は食卓からほとんどみなくなりました。日本人の体質にあった青魚をたくさん食べて生活習慣病から体を守っていただきたいと思います。

 

DHAの効果と摂取する事が出来る魚料理について

年齢を重ねてくると体が酸化してきていろいろな部分で老化が進行してきます。

 

老化の進行を抑えるには魚料理を食べると効果的と言われていて理由はDHAという脂肪酸が含まれているからです。

 

DHAは血圧の上昇を抑えて血液中の中性脂肪やコレステロールの値を正常に保ち続ける効果があります。また脳や神経の老化を防いでくれる効果もあるので健康面を考えると必要不可欠な成分です。

 

魚料理を食べてDHAを摂取する事は年齢を重ねてきた時に必要な事なのです。

 

DHAを摂取するために日常生活の中で魚料理を食べますが、特にお刺身を食べると効果的にDHAを摂取する事が出来ます。

 

DHAが多く含まれる魚はマグロ、カツオ、ハマチ、ブリなどお刺身で出てくる魚ばかりでしかも火を通していないので体への吸収力も高まります。

 

魚料理は焼き魚で食べる方法もありますが、効率良くDHAを摂取する場合は火を通していないお刺身で食べるといいでしょう。しかしお刺身は生ものなので食べ過ぎには注意しましょう。

 

魚料理で積極的にDHAをとりましょう

 

あなたは日々の食事の中に魚料理を積極的に取り入れていますか?

 

小さなお子さんがいるご家庭の中では「骨があるからお魚なんて嫌い!」なんて、出しても残してしまうから・・・とあまり出さなくなってるお宅なんかもあるのではないでしょうか。

 

ですが、お魚の油には血栓症予防や悪玉コレステロールを低下させるといわれている不飽和脂肪酸が含まれていて、動脈硬化や高血圧その他には成人病の心筋梗塞や脳梗塞を防ぐといわれています。

 

特にお魚の中でもイワシ、サンマ、サバ、ブリ、マグロなどのような青魚の油の中にはDHAが多く含まれていて、脳や神経の発達にとても重要とされているんですね。なので育ち盛りのお子さんなんかは特に積極的に魚料理をとっていただきたいところです。

 

またお子さんだけでなく、成人した私たちにとってもDHAを摂らないとうつ病や認知症の進行を引き起こすといわれているので、いつもの食卓にはなるべく魚料理を取り入れるよう心がけたいものです。

 

DHAサプリを摂取するメリット

DHA魚

 

現在日本では高齢化が進み、高齢者の認知症対策にDHAサプリメントが注目されていることを知っていますか。

 

魚にはDHAがたくさん含まれていますが、魚が苦手な方や仕事が忙しくて栄養バランスのとれた食事を食べることができない方も多いのではないでしょうか。
サプリメントなら手軽に摂取できるメリットがありますし、毎日の生活に取り入れることができるので非常に便利です。

 

DHAサプリには頭が良くなる効果があると聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

脳の情報伝達にかかわるシナプスに作用することによって、情報伝達をスムーズに行うことができます。

 

DHAには脳の働きを高めてくれる効果がありますので、認知症の予防として期待されています。最近なんだか物忘れが多くなったと不安を抱えている方は、積極的にDHAサプリを摂取しましょう。

 

歳を重ねていきますと、脳内の神経細胞は減ってしまいます。

 

若々しい脳を維持するためにも、DHAは家族で飲んでもらいたい栄養素です。
DHAサプリを選ぶのに

 

良いサイトはコチラです→DHAサプリ比較


ホーム RSS購読 サイトマップ