魚のDHAを逃さない効率が良い調理方法

魚のDHAを逃さない効率が良い調理方法

DHA魚

 

魚にはDHAが沢山入っているというのは皆さん知っていますね。

 

DHAは魚の脂肪酸で、オメガ3の脂肪酸と呼ばれていて、現代の人には不足している必須脂肪酸になります。

 

 

 

DHAを逃さないように調理するにはどんな方法が正しいのかをご説明します。

 

実はDHAは熱に弱いので、一番は生で食べるお刺身が良いのです。

 

もし、火を通す料理でしたら、高温調理ではなく、蒸すや煮る方がDHAが逃れない調理方法になります。

 

魚のお天ぷらなどはとくに逃れやすいので気をつけましょう。

 

ホイル焼きは、溶け出したDHAが周りのお野菜にしっかりと染み込むので、お刺身の次におすすめの食べ方になります。煮たり蒸したりした場合は、汁や脂分まで飲み切るとDHAが効率よく摂取できるようになります。

 

 

 

最近では、魚より欧米系の料理のお肉ばかり食べがちになっています。なるべく魚を摂取できるように、サバの缶詰などを利用する事も手軽で良いと思います。

 

それでも、料理ができない忙しい方にはDHAのサプリメントもオススメです。

 

DHA・EPAたっぷりの魚料理を手軽に

 

育ち盛りの子供がいるので、DHAやEPAを豊富に含んでいる魚料理は母親の私としてはしっかりと食べさせたいところです。

 

 

 

しかし、魚があまり好きではないうちの子供。

 

毎回メニューには頭を悩ませています。

 

 

 

どうして魚が嫌いなのか尋ねたところ、骨があって食べにくい。ボソボソしていて喉に引っかかる。食べづらい。

 

などなど沢山の嫌いな理由を教えてくれました。

 

 

 

最近は、魚の骨をすべて抜いてくれている商品なんかもスーパーに並んでいるので大変ありがたいです。

 

しかし、DHA・EPAは骨の部分にも含まれているので欲を言えば骨も身も全部丸ごと取りたい。といのが正直なところ。

 

 

 

実はこれらを手軽に取ることができる商品がスーパーで簡単に手に入るんですよね。

 

そうです、魚の缶詰です。

 

これなら骨も身も汁も全部取れるし、ひと手間加えて食卓に出すだけで何だか手の込んだ料理に見えたりもします。

 

骨も柔らくなっているので子供にも安心して食べさせられます。

 

 

 

値段も安価なのでオススメです。


ホーム RSS購読 サイトマップ